コンピュータ部品設計者の言いたい放題

組込み用CPU-IP設計者のはしくれが、いろいろITサービスや新製品に思いこみでもの申す!

「メンタル・発達障害に関するブログ」は こちらへどうぞ。


青色LEDに対して初の言及

ノーベル賞に対して過敏すぎる

自分がそれに値しない研究者・技術者の完全なひがみでもありますが、ノーベル賞の発表、授賞式に来るメディアはほとんど日本だけらしい。アメリカとかは、少々報じる程度。逆にそれだけ受賞者発言がメディアを通して国民はおろか産業界への影響は測り知れない。

なんかセオリーがあって、特許紛争などを起こした科学者は受賞できないというモノがあるみたい。今回覆されましたが。元東北大の西澤先生の光ファイバー製造技術。半導体とかもいろいろありますが。元東芝の舛岡氏のフラッシュメモリ。ともにノーベル賞級の発明だが、今回の中村氏も含めて、技術者の地位の主張はありがたいが金(かね)を持ち出しちゃまずい。

研究者たるもの地道さが大事。エサキダイオードの江崎氏、レーザー質量分析の田中氏、巨額の研究資金を集める力量がすごいニュートリノ発見者の小柴先生。

対価」を求めたらノーベル賞に限っていえば遠のくと思う。

・種と土壌

「アイディア」とそれを実証する設備、仲間などの「環境」のニコイチでイノベーションが完成する。発案者個人と、資金などの環境や他の従業員の協力あっての成功を主張する企業が、ケンカしてちゃダメでしょう。

確かに日本技術者の冷遇さは目に余るものがある。企業でも公的研究機関でも、結果が出なければ廃業。厳しすぎる。企業は「鉄」橋をたたいて渡るような経営陣だから、新しい技術には遅れを取り差別化に苦労する。研究機関は、「工学」に限って言えば、あまりにも突拍子もなさすぎ、実用化の歩み寄りが必要だと思う。

 

ちょっと勝手なことを言いすぎました。すいません。

 


Yahoo!ニュース - 日亜を再び怒らせたノーベル賞中村氏の“一言”…和解提案を冷淡拒否 (産経新聞)



スポンサーリンク