コンピュータ部品設計者の言いたい放題

組込み用CPU-IP設計者のはしくれが、いろいろITサービスや新製品に思いこみでもの申す!

「メンタル・発達障害に関するブログ」は こちらへどうぞ。


SSDの容量

チーズマークのねずみの意味の名のメーカのノートPCを数年前買いました。

CPUは3世代目で4コア8スレッド、メインメモリも4+4=8GBの超ハイスペック。GPUはCPUのではなくNVの当時モバイルで2番目くらいに性能が良いもの。

液晶がWXGA(1366 x 768)だと心もとない。フルHDは必要ないにしてもWXGA++は欲しかったなぁ。

と、嘆いてもしかたないのですが、届いてすぐさま、電源も入れずに分解。

もともと入っていた750GBのHDDを取り外し、ろくに知識もなかった自分が、ヨドバ行って、どのメーカのモノも在庫がなかったのでAD○TAの512GBと取換え、いきなりリカバリーから。問題無くサクサク動いてますよっと。

 

と、ここでユーザ見え総容量が512GB。うーん2のべき乗だ。

どこに訂正用の容量があるのかな?

今はあまり見かけないメインメモリのECC付きDRAMモジュール。

8個のDRAMチップに付き1個余分に付いてた。

64ビット幅のECC(エラーチェックコード、エラーチェック&コレクト)に8ビットのECCを考えると拡張ハミング符号の検査行列ができて、1ビット訂正、2ビット検出のSECDEDが可能。

単純に考えて中に入っているフラッシュ容量は8分の9倍の576GBだ!

9個か18個のフラッシュICが入っているのかな?

単純比率だと、総容量に対して12.5%ちょっと多すぎる?

 

そもそもハミング符号とかじゃなくてリードマラーとかソロモンとかターボとか、情報理論の行列嫌いだったから、あんまりわからないけど違う符号化を使っているのかな?

 

今、調べるのは面倒。

サム○ンとかコントローラチップにスループット上げるため、3つもARMのCPU入れてるとか聞いたことある。そもそも並列処理されちゃ、そんな簡単な話ではなさそう。

 

後で考えよ(笑)

 

広告を非表示にする


スポンサーリンク