コンピュータ部品設計者の言いたい放題

組込み用CPU-IP設計者のはしくれが、いろいろITサービスや新製品に思いこみでもの申す!

「メンタル・発達障害に関するブログ」は こちらへどうぞ。


HDDはすべて不良品?

まずは軽くジャブ。

 

あるHDD(ハードディスクドライブ)修復や壊れたディスクからデータのサルベージ(引き上げ)をサービスするサイトにもありますが、新品のHDDにもすでに読み書きできない部分が物理的に存在します

 

テラバイトもある(最近では6TBのHDDも発売されている)情報を磁気ディスク上の細かい磁石の方向(昔は横、今は縦)を変えて記憶しています。

仮に1TBのHDDの場合、8兆個の磁石(1バイト=8ビット)が正常に動作しなければいけなくなります。

(記憶が定かでは無いのですが外部情報1ビットに対し2個の磁石を相補的に使って記憶しているとも。。。その場合にはさらに倍の磁石が必要)

これを全部正常に作るなんて物理的に無理です。

 

では、どうするか?

少し多めに磁石を作っておいて、出荷時に全部の磁石を調べ、使えない部分がどこにあるのかを示す地図を持っています。制御部はその地図を見ながら使えない部分を避けながら、読み書きしているのでユーザー(使用者)側からは、正常に動いているように見えます。

 

容量も1TB+αぐらいはありますのでご安心を。

 

さらに巧みな技術が何重にも施されています。

フォローは後ほど。

 

広告を非表示にする


スポンサーリンク